東京合唱団,混声合唱団,ミサ曲,受難曲,オラトリオ,レクイエム,オーケストラ伴奏合唱曲,団員募集

練習の記録 (12月28日更新)

指導の先生方からのアドバイスや練習箇所や内容を掲載しています。
【 目 次 】
第8回東日本大震災追悼チャリティコンサート シューベルト作曲 ミサ曲第2番ほか
2019年定期演奏会 ハイドン作曲「天地創造」

東日本大震災追悼チャリティコンサート シューベルト作曲 ミサ曲第2番ほか、練習の記録

12/15(土)(14:00-17:00) 指導:前田先生

■前半・・・子規 『夏の歌』
・最初の伴奏部分、フルート、クラリネットの掛け合いをよく聴いて。
・15小節目「たづぬれば」は目一杯ゆっくり,「桜茂りて」で、a tempo.
・60小節目pからcresc.そのまま続てクレシェンド、鷺にあらませばのffに続く。
・72小節目、ふるさとの は柔らかく目一杯に。
・91小節以降、オケを聴いて、全音符の音取りをしっかり。
■後半・・・シューベルト ミサ曲第2番
・今回は、最初(Kyrie)~4曲目(Sanctus)を通して歌いました。

12/08(土)(14:00-17:00) 指導:前田先生

■前半・・・子規  『星の歌』、『無常の歌』、『夏の歌』
全体としてこの合唱組曲はテンポの表示が細かく示してありません。歌っていくうちに少しづつ変化させていきます。
星の歌
・39小節目のcresc.をしっかりと。
・41小節目から、テナーがメロディー。
・45小節からfで。49小節目からのa tempo以降、espressivoで。3連符の伴奏をしっかり聴いて。
・67小節目からdolcessisimoで。
・74小節目、4分休符にフェルマータ、指揮見て。
無常の歌
・休符は休むのではない。ブレスをする様に。
・50小節目のdim.はもう少し後ろから。52小節の「かも」でdim.にしてpに持っていく。
・66小節目、「絵にかけるかも」をfで最後延ばしながら消える様に4分休符の後「ゆふがおの」  は色を変えて歌う。
夏の歌
・全音符、2分音符の場合安心して大きくならないように。
■後半・・・シューベルト ミサ曲第2番
言葉(発音)に関してKyrie, Christe, Credo Crucifixusなどの歌い方破裂音の様に鋭く。 Kyrie
・8,10小節目、符点音符を軽く飛ばす様に。遅くならない。
・25小節目、ビオラ、チェロの伴奏をきいて。
・46小節目。内声の出だし、eleisonを大切に。61小節目の女声、eleisonのeを揃えて。
Gloria
・6小節目、2分休符の後ffで4パート揃えて。
・19小節目、dim.で。女声のpに移す。Glorificamusteの発音とリズム注意。
・39小節目、ste!を言い切る。伴奏聴いて休符とフェルマータをしっかり。
・74小節目以降、すべてにアクセントをつけて、最後まで歌う。
Credo
・全体に流れるチェロバスの伴奏を聴いて、メトロノームとして歌う様に。
・33小節目、Deum de Deoで4パート揃えて。73小節目の出だしも揃える。
・181小節目以降、休符でしっかりとブレスをする。
Sanctus
・10 小節目以降 、各パートリズムをしっかり。音で遊ぶような感覚で。
Agnus Dei
・ 練習時間の関係で39小節以降のみ歌いました。

11/17(土)(14:00-17:00) 指導:前田先生

■前半・・・「子規の短歌による合唱組曲」のうち、刈萱の歌
・最初poco rit.で入る。指揮見て。フェルマータ部分も指揮見て。
・音が下がらないように。 ・伴奏を聴いてリズムを取る様に。
■後半・・・シューベルト ミサ曲第2番
Kyrie
・最初のテナーの響きよく聴いて。
・A部分のビオラとチェロの伴奏、B部分のチェロ、バスのシンコペーションにリズムを合わせて。
・Christeはクリと日本語で言わない。Uは入ってない。
Gloria
・音が変化するたびに力をいれない。
・同じ音が重なる場合、どこでブレスをするか、言葉を切るか、自分なりに決める様に。

11/10(土)(14:00-17:00) 指導:松浦先生

■練習箇所
「子規の短歌による合唱組曲」を練習。
■指導事項
短歌を1首ずつ音読。音読した短歌を各パートで音取り。最後に全パートでアンサンブル。
上記の方法で、刈萱(カルカヤ)の歌9首、星の歌3首まで。
(言葉遣い、など確認する点あり。)

11/03(土・祝)(14:00-17:00) 指導:前田先生

■練習箇所
シューベルト(以後Sと表記)と子規の短歌による合唱組曲(以下「子規」と表記)の全体を通して歌いました。
■指導事項
・Kyrie, eleisonのKyや,eleは口を丸く開けて。日本語のイ、エと異なる

 

2019年定期演奏会 ハイドン作曲「天地創造」練習の記録

12/1(土)(14:00-16:30) 指導:前田先生,前多先生

■前田先生,前多先生より
・この天地創造には35曲中、合唱が入るものが9曲あります。練習は最初から行います。前の週やった曲の次から次週の練習をするようにします。
・音と言葉を合わせて練習する様にしてください。各々の曲の中の歌詞を理解して書き込んでおくように。
・歌うときは立って歌う様にします。
■2曲目から11曲目まで練習
・2曲目 なるべく早めに全部暗譜。指揮見て。
・3曲目 全パートを合わせて。喋る様に。
・5,11曲目 8分音符を2つづつに組み合わせて歌ってみる。

※2017年定期演奏会 ドヴォルザーク「スターバト・マーテル」の練習メモはこちら
※第7回東日本大震災追悼コンサート ブラームス「ドイツ・レクイエム」の練習メモはこちら
※2018年定期演奏会 メンデルスゾーン「エリヤ」の練習メモはこちら

お問い合わせ

東京合唱団 事務局 担当 仙波(せんば)
・メールでのお問い合わせは tokyochor@gmail.com
・お電話でのお問い合わせ:090-1701-3438
・FAXでのお問い合わせ:03-3395-2546

↑ PAGE TOP